トータルビューティー

老化といっても色々あるんです。

「老化」は大まかに分けて2種類あると考えられています。

1つ目は抗う事の出来ない「年齢的な老化」
もう1つはある程度意識すれば抗う事が出来る「環境的な老化」です。

環境的「老化」には、

・紫外線ダメージの放置
・間違ったスキンケア
・ストレスの蓄積
・睡眠不足
・不摂生によるホルモンバランスの乱れ
・暴飲暴食、添加物の摂取
・排気ガスなどの汚染された空気にさらされている
・喫煙
・飲酒

など、みずからが日頃選択している生活内容によって引き起こされる「細胞の劣化」の事を言います。

久しぶりに会う同級生の見た目に雲泥の差があり驚いた経験がある方もいると思いますが、それは今まで積み重ねてきた「日々の生活環境の結果」だったりします。

若々しい細胞を保つには日常生活の中でいかに環境的な老化の要素を減らせるかで5年後10年後の身体の若さに圧倒的な差が生まれる、ということ。

若々しい細胞を保つためには今から環境的な老化をなるべく減らす事が大切です。

たとえ年齢的老化を止めることはできなくても、自分に合った美容ケアを見つけることができれば肌も体も変わっていきますよ!

年齢を重ねてもキレイを諦めないために。美活菌に着目したサプリメント【RF28 インナースキン ビューティフローラサプリメント】

ストレス環境による老化への影響

環境的な老化の中で特に「ストレス環境」の影響は

女性は「皮膚」に
男性は「胃腸」や「頭皮」に影響が出やすく、

メカニズムとしては、ストレスから体を守る為に副腎皮質ホルモンを分泌させストレスに対抗する指示を脳へ出す事で体が緊張状態となり血流が低下します。

すると、女性ホルモンのバランスが乱れて男性ホルモンの分泌が優位になり皮脂腺を刺激して皮脂分泌が増加し肌にはニキビや吹き出物が発生しやすくなってしまいます。

【漢方理論的胃腸の機能が疲労しているサイン】

  • 食後に眠くなる
  • 肩こりが左側だけにある
  • 顔色が黄色っぽい
  • 朝起きた時に口の粘りが気になる
  • 口の中に苦みを感じる時がある
  • 歯ぐきが腫れたり出血する
  • お通じの形が一定ではない
  • ぶつけていないのに青あざができる

女性ホルモンの見た目への重要なはたらき

髪の毛が成長する為には女性ホルモンの働きが必要不可欠なので、閉経を迎えた女性やストレスによって生理不順になっている若い女性には髪の毛や肌の悩みが一気に急増します。

男性の場合はストレスによって男性ホルモンの分泌が過剰になり、薄毛の原因となる悪玉男性ホルモンが発生しやすくなります。胃腸の機能が低下している男性は「頭頂部の薄毛の悩み」を抱える可能性が一気に高まります。


大切にしたい心がけ

ストレスをいかに軽減するか。現代人のテーマの1つではありますが、

自分の体の事なので、自分にとってストレスに感じる事は何があるのかを把握して体調不良に繋がりかねない要素を減らす事を心がけたいですね。

最終的には体を形成するのは食べ物なので何を食べるかに行き着くわけですが

その中で重要なのは「消化」・「吸収」・「排泄」がスムーズに行える事。栄養が高いからといっても、食べ過ぎると臓器たちがフル稼働になってオーバーワークで疲弊してしまうので、

過剰になりすぎず、不足させず、
よく噛んで、消化吸収を促し、
老廃物はしっかりと出す。

自分の体質に合うちょうど良い食習慣を見つけて自分の好きな事や趣味の時間を作りストレス発散しながら健康な細胞たちをますます活性化させてくださいね。



 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kanko

からだの中から髪質改善を得意とする美容研究家。美容室、フォトスタジオ、発毛サロン、ブライダルヘアメイクなどの美容業界の中でセルフケアの大切さに気付く。 これまでの経験を活かして、クオリティオブライフ(生活の質)の向上をサポートする美容コラムを執筆中。

-トータルビューティー
-

© 2021 美*LIFE